求人

アクセスマップ

岡田クリニック眼科の紹介

〒140-0014
東京都品川区大井1-3-6
イトーヨーカドー4F

TEL : 03-5742-6488

東急大井町線、JR、りんかい線「大井町駅」出てすぐ
イトーヨーカドー内の駐車場は2時間まで無料となっております。

口腔外科について

顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除術などです。
しかし、外科だけを扱う科では決してありません。 顎・口腔には多種多様な病気が起こります。
顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。 口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こるさまざまな病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

親知らずについて

親知らずは永久歯が生えた後、最後に生えてくる歯で、一番奥に生えます。 親知らずの問題は正常に生える例が稀だということです。ほとんどの場合、歯茎から頭だけ少しでていたり、斜めに生えたり、最悪真横に生えてきて前の歯を押したり、磨きにくいため虫歯になってしまったりし、痛みを生じる場合があります。

抜歯した方が良い親知らず

  • 虫歯になってしまった場合
    親知らずが虫歯になってしまうと、治療やその後のメンテナンスが難しく高確率で再発します。そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするケースが多いです。
  • 生え方が悪い場合
    斜めや真横に生えている場合は、腫れたり虫歯になったりしやすく、歯並びを悪くする恐れがありますので抜歯を検討します。

抜歯しなくても良い親知らず

  • 手前の歯と同じようにまっすぐ生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合。
  • 骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い場合。

*状況により 提携の大学病院、総合病院をご紹介いたします。

インプラント

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

従来の治療法との違い

  歯を1本失った場合 歯を数本失った場合 歯を全て失った場合
従来 周りの健康な歯を削ってブリッジにします。 入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。  総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。 
インプラント 健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。 歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。 インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。

インプラントと他の治療の比較

歯がなくなった場合の治療法
【ブリッジ】 【入れ歯】 【インプラント】
ブリッジ 入れ歯 インプラント
抜いた歯の周りの健康な歯を削って、かぶせ物を装着します。咬む力がかかった時には周囲の歯に負担が大きく、歯を弱らせる原因となります。 部分入れ歯を固定する為に健康な歯に針金を引っ掛けます。見た目にも審美性が悪く引っ掛けている歯に負担がかかり歯を弱らせる原因となります。 インプラントの場合、インプラントがずれたり食べ物が内側に入って痛くなる事がありません。満足する噛み心地が得られるでしょう。
咬合力の違い
咬合力の違い
ブリッジや入れ歯では、歯の本来持つ機能であるご飯を食べる時の「噛みごたえ」や「上手く噛める状態」は望みにくい状態になります。インプラント治療はこれらの状態を人工の歯と根をつくることにより、根本的な改善が可能となった治療手法です。

インプラント治療の流れ

矢印

STEP1 診査・診断・治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者様との相談しながら治療計画を立てます。

咬合力の違い
矢印

STEP2 インプラント埋入手術

インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。
インプラントが骨にしっかり結合するまで約3ヶ月程度待ちます。
(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)

矢印

STEP3 アパットメントの接続

人工歯を支えるためのアパッチメント(支台部)をインプラントに接続します。(歯肉が治癒するまで約3週間待ちます。仮歯あり。)

矢印

STEP4 人工歯の装着

歯を製作するためにお口の中の型を取ります。 作成した人工歯をアパッチメント(支台部)に装着して完成です。

咬合力の違い
矢印

STEP5 メンテナンス

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。

Q&A

Q. 治療期間はどのくらいですか?

A. 個人差はありますが、一般的に4ヶ月から6ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。

Q. 費用はどのくらいかかりますか?

A. 例えば、1本ない場合、インプラントを埋め込む手術に30万円。 その後、その上に歯を入れるのに8~10万円程の治療費がかかります。

Q. 治療はだれでも受けられますか?

A. 顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。

Q. 一度入れたインプラントに寿命はありますか?

A. 患者様のお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

Q. インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?

A. インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。

電話番号 03-5742-6488

03-5742-6488

診療時間
10:00-14:00
15:00-20:00

最終診療受付は 19:20
休診日 : 無し ※年末年始はお休みです

〒140-0014
東京都品川区大井1-3-6 イトーヨーカドー4F